pikesaku’s blog

個人的なプログラム勉強メモです。記載内容について一切の責任は持ちません。

O365のアーカイブフォルダとインプレースアーカイブとインプレースホールドと訴訟ホールド

すげえ、わかりづらい。
アーカイブは保管の意味。
多分以下認識で大丈夫そう。

アーカイブフォルダ

→ユーザー機能、ユーザーが操作、検索可能、アイテム保持ポリシー対象、メールボックスとサイズ共有
https://support.office.com/ja-jp/article/windows-%E7%89%88-outlook-%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%96-25f75777-3cdc-4c77-9783-5929c7b47028
受信箱にメール残さす、アーカイブに移そう精神!デフォルトで利用可能。

インプレースアーカイブ

アーカイブフォルダとの違いは、メールボックスとサイズ共有しない点、サイズ上限超え可能。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/exchange/policy-and-compliance/in-place-archiving/in-place-archiving?view=exchserver-2019
exchange管理画面→メールボックスより設定

インプレースホールド(保持)

→管理者向け機能、ユーザーは操作、検索不可、アイテム保持ポリシー対象、メールボックスとサイズ共有しない。ホールドする条件指定可能。
http://o365mail.net/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E4%BF%9D%E6%8C%81-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84/
https://docs.microsoft.com/ja-jp/exchange/security-and-compliance/in-place-and-litigation-holds
設定はexchange管理画面からは古い方法。新はセキュリティコンプラから。

訴訟ホールド

→インプレースホールドとの違いは、条件指定有無、すべて対象
http://o365mail.net/%E8%A8%B4%E8%A8%9F%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%81%AE%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%84%E8%AA%AC%E6%98%8E-1/