pikesaku’s blog

個人的なプログラム勉強メモです。記載内容について一切の責任は持ちません。

AWS S3調査メモ

メモ

S3はクラウドストレージ
データをオブジェクトとして扱う
オブジェクトはファイル自体とメタデータで構成
オブジェクトの入れ物はバケット
バケットにアクセス制御・保存場所のRegion指定が可能
バケット名は一意である必要あり
バケット名はオブジェクトにアクセスするURLに含まれる
バケット名は作成後に変更できない
バケットにオブジェクトを格納する時、バケットから別のバケットにデータを転送する時に費用発生
ライフサイクル管理、バージョニング機能もあり
以下の量に応じて課金される
 ・ストレージ利用量
 ・リクエスト数
 ・利用機能(ストレージマネジメント)
  例) Inventoryの場合、リストアップされるオブジェクト数に応じて
 ・データ転送量
 詳細は以下URL参照
 料金 - Amazon S3(クラウドストレージ)|AWS
開発・リファレンスリソース
 開発リソース - Amazon Simple Storage Service
 リファレンスリソース - Amazon Simple Storage Service

実践!

AWSマネジメントコンソールから

f:id:pikesaku:20181104080023p:plain
f:id:pikesaku:20181104080036p:plain
f:id:pikesaku:20181104080045p:plain
f:id:pikesaku:20181104080101p:plain
f:id:pikesaku:20181104080108p:plain
f:id:pikesaku:20181104080114p:plain
f:id:pikesaku:20181104080123p:plain
f:id:pikesaku:20181104080133p:plain
f:id:pikesaku:20181104080143p:plain