pikesaku’s blog

個人的なプログラム勉強メモです。記載内容について一切の責任は持ちません。

JUJUデプロイメモ

環境

MAASサーバ冗長化構成で2台セットアップ済み
MAASサーバでKVM稼働中。このKVMをPODに登録しJUJUコントローラをデプロイする。
 
 

作業の流れ

POD登録

f:id:pikesaku:20180212154621p:plain
 
f:id:pikesaku:20180212154433p:plain
Virsh Addressは以下
qemu+ssh://pike@192.168.0.102/system
※pikeはUbuntu Sudoユーザー
 

JUJUコントローラデプロイ

KVM仮想マシン作成
PXEブートを指定。
BootオプションはMAASでDHCP有効にしているNWに接続するNICPXEブートを有効にする
f:id:pikesaku:20180212154940p:plain
f:id:pikesaku:20180212153806p:plain
※作成時に起動するとMAASからPXEブートするがパワーオフで停止する。
 
 
②MAAS Web画面上でPODリフレッシュ & タグ付け
上記操作でコミッションが行われ、完了後仮想マシンは停止する。
以下画面より仮想マシンにタグ付けする。
f:id:pikesaku:20180212183656p:plain
f:id:pikesaku:20180212183734p:plain
 
 
③MAASサーバにJUJUクライアントインストール

sudo add-apt-repository -u ppa:juju/stable
sudo apt install juju

 

juju add-cloud mymaas

以下を指定
"maas"
"http://MAAS_IPアドレス:5240/MAAS/"
 

juju add-credential mymaas

"MAASエンドポイントキー"
f:id:pikesaku:20180212162112p:plain
 
 
④JUJUコントローラデプロイ

juju bootstrap --constraints --congfig bootstrap-timeout=6000 tags=juju mymaas maas-controller

 
 

補足1 MAASサーバ2台のIF設定(仮想ブリッジ設定例)

source /etc/network/interfaces.d/*
auto lo
iface lo inet loopback
auto br1
iface br1 inet static
   bridge_ports ens3
   bridge_stp off
   bridge_fd 0.0
   address 192.168.0.101
   netmask 255.255.255.0
   gateway 192.168.0.1
   dns-nameservers 192.168.0.251
   dns-search example.com


auto br5
iface br5 inet static
   bridge_ports ens10
   bridge_stp off
   bridge_fd 0.0
   address 192.168.4.101
   netmask 255.255.255.0